バリアフリー住宅

本来のバリアフリー住宅とは、メーカーの仕様ではなく、その家で生活する方のために造られるものです。

そのお家に住む方の家族構成や生活スタイル、介助をする方、される方が心地良いと感じる家を造ることが

私共の仕事だと思っております。

不要なものはつけない。必要な物を必要な所にこんなものが欲しい。こういった間取りにしたい。など

お客様に寄り添い快適で心地良い住まいをご提案させていただいております。

おおよその工事費(新築の場合)

0

おおよその工期

0

やさしい素材選び

住宅の資材はとても重要になります。なぜならば、半永久的にお付き合いいしていくものだからです。

お部屋のインテリアのお好みはひとそれぞれ…

フローリング、畳、ふすま、壁…ひとつひとつ。住まう方にあった製品選びをしていきましょう。

◆床の素材

実は20%もある家庭内の転倒事故

転ばない・つまづかない住まいを

自然素材を使うと身体にやさしいという理由があります。例えば、床の素材を合板と無垢板とを比較すると、
転んだ時「無垢板」の方が衝撃を吸収しやすく、ケガを防ぐ確率が高くなります。
また、無垢材は木管という空気層があるため温かくなり、ご高齢の方だけでなく住む方全員にメリットがあります。

◆壁の素材

一般的に、壁の仕上材としてクロスを使う場合が多く、シックなインテリアになりますが、やや冷たいという印象は免れません。車椅子の生活をするようになると、壁にぶつけるなど、衝突によってクロスを破ってしまうことがあります。このような場合、腰壁を板材にすれば衝撃に耐えることができます。
やはり、できれば無垢板を使って仕上た方が柔らかい雰囲気になりますし、手摺りが自由に付くという利点もあります。

◆建具の素材

現在の建具のほとんどが、建具メーカーの既製品を使用しています。種類は多くデザインもよく、我々が見てもセンスのいい建具が多くあります。バリアフリーに精通した製品がたくさんありますが、使う側でそれぞれの家庭の事情にあった製品をチョイスする能力を持たなければなりません。そのために、ご高齢の方やお身体の不自由な方の行動能力や身体特性を研究し、適材適所で使用するべきだと弊社は思っております。

高齢者住宅おすすめ間取り例

竣工までの流れ

contact

STEP1.お問い合わせ

お客様のご希望に合わせた様々な情報を厳選し打合せの準備を致します。

shunkou-yajirushi
打ち合わせ

STEP2.打ち合わせ

お客様のご希望をうかがい、お見積りをふくめ大まかなプランを打ち合わせます。

shunkou-yajirushi
現地調査

STEP3.現地調査

現状や立地条件をはじめ法規(建ぺい率、容積率、用途地域など)の調査や地盤調査を行います。

shunkou-yajirushi
shousai-uchiawase

STEP4.基本設計

細部までプランを検討し、外観、間取り、設備、仕様など打ち合わせの上決定します。

shunkou-yajirushi
お見積り・資金調達

STEP5.お見積り・資金計画

基本設計図に基づき積算を行い、建物本体価格、屋外給排水工事などのお見積もりを提出します。
また、新築した場合にかかる様々な費用(本体、税金、諸経費、雑費)と人生設計から見た返済期間・
返済額の2つの面から判断し決定します。。

shunkou-yajirushi
地鎮祭

STEP6.着工

お客様に充分にご確認頂いた上で、建築工事請負契約を締結させていただき、立替の場合は解体・整地を
して、地鎮祭・配置確認・着工時検査を行い着工いたします。

shunkou-yajirushi
着工

STEP7.土木工事・基礎工事

建物の基礎の部分の地面を掘り、型枠、鉄筋を組み立ててアンカーボルトをセットし、鉄筋の入れ方、
アンカーボルトの位置、基礎の幅、高さ等を確認してから、コンクリートを打ちます。

shunkou-yajirushi
木工場

STEP8.木工事・屋根工事・外装工事

基礎ができあがったら、住宅の骨組みを組み立て、屋根工事を行います。
その後、外壁などの外装工事に取りかかります。
柱、梁等の骨組みを組み立て、屋根の骨組みまで完成した段階が「棟上げ」です。
棟上げの後、屋根を葺き、外壁を張り、断熱材を入れます。
建築基準法による中間検査が必要な場合やフラット35を利用する場合は、

この段階で中間現場検査を受けます。

shunkou-yajirushi
内装工事

STEP9.内装工事・設備工事・外構工事

外装工事が終わってから内部の壁、床を張り、電気、ガス、水道等の設備工事を行います。
本体がある程度仕上がったら、門、塀で敷地を囲い、車庫、物置を設置し、植栽や舗装工事を行います。

shunkou-yajirushi
竣工・引っ越し

STEP10.竣工・お引渡し

工事請負契約に含まれる本体、外構工事がすべて終わった段階が「竣工」です。
この段階で、建築基準法に適合していることを確認するために「完了検査」を受け「検査済証」の交付を受けます。フラット35を利用する場合も竣工後に検査を受けます。
また、設計者、工事監理者、施工者の立会いの下に、工事請負契約の内容どおりになっているかどうか、最終的な確認を行い、問題がなければお引き渡しとなります。
本体がある程度仕上がったら、門、塀で敷地を囲い、車庫、物置を設置し、植栽や舗装工事を行います。

page-footer-contact